be like water second -2-

広島carpでsurfでJEFなlife

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『夕凪の街 桜の国』 こうの史代さん

夕凪の街 桜の国


『広島のある日本のあるこの世界を愛するすべての人へ』

もう既に2年前に映画にもなっていて、ただ自分がこの作品について知らなかっただけなんだけど、
こうしてこの本に出遭えて本当に良かったと思った。
ヒロシマの原爆にまつわるお物語。
と書くと暗くて重いイメージが頭にもたれかかって来ますが、作者の筆はとてもやわらかく、あたたかくこの物語を紡いでいきます。
広島に落ちた大きな悲劇は多くの人を惨禍に巻き込み、当時亡くなってしまった方々だけでなく今に生きる人達へも決して小さくない傷跡を残しているという事実。
それでも作者が描く未来は、小さく確かに前に進もうとしている主人公達への
抱きしめたいと思えるほどの感情で読む人の胸をいっぱいにします。
手にしてから何回も何回も読み返しました。
物語の中で野球の話が出てきます。
広島中の人達に愛されている球団。
実はこの本はその関連で知りました。
自分は広島とはなんの縁もゆかりもない人間です。
ただただ広島カープという野球チームが好きだというだけで。
でもそのたった一つのつながりから、この本に出遭えた。
自分がカープのファンである事、そして広島という街と知り合えた事。
それは天命だったのだとこの本に教えて貰ったような気がします。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/09(木) 21:55:14|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トップランナー

一番好きな漫画は何ですかと問われれば、迷わずサイバラさんの「ぼくんち」と答えます。
今日、NHKのトップランナーで、俺の好きなサイバラさん出演するらしい。
寝ないでしっかり観ます。


【追記】
と言う訳でしっかり見ました。
ちょっと、MCの二人は聞き出し方と言うか、話の掘り返し方が凄く下手でイマイチだったかなぁ。
でも、それをしっかり見抜いた上で二人の話に合わせるかの様に、話をしていたサイバラさんはさすがでした。
色々な人がいる中で、あの時誰かが抱きしめてやる事が出来たら。。。
という様な言葉に、「ぼくんち」の、
いや、サイバラさんの優しさを目の当たりにした気がしました。

  1. 2008/11/24(月) 21:02:59|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ソラニン

『ソラニン』浅野いにお

最近、ふと漫画を読む事が多かったりしてるんです。
土田世紀氏の「同じ月をみている」とかを読み直して、改めて名作だなぁと思ったり。
で、こないだ俺の好きなビレッジバンガードをフラフラしてたら、平積みで絶賛されていたんでちょっと迷った挙句に購入。
さらさらとあっという間に読んじゃった(全2巻)。
構図と間、ストーリーを形作る時間軸の手法、そして主人公達の表情の表現がすごく良いです。

簡単に言うと、学生時代から社会人になり、描いていた社会とのギャップに戸惑いながらもささやかな夢にほんのちょっと踏み出し、誰もがその年になれば1回は対峙しなければならない出来事に、逡巡し、悩み、泣き、感じていく、主人公達の青春群像です。
でもそこに描かれるのは、誰もが思い当たるような等身大の悩みたち。
名作なんて大袈裟過ぎる表現は、この作品の形容には合わないでしょ。
日常をすごしていけば避けられないような悲しみや喜び、歓喜と悲哀。
そして手のひらにのってしまうくらいの幸せや小さな思い。
多分、この物語に描かれる主人公達は、まさにこれを読んでいる自分達なんだよ。
だから、すごくいとおしい。
ソラニン

  1. 2008/11/23(日) 23:55:47|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーデュボンの祈り

最近、すごくはまって読んでいる作家の「伊坂幸太郎」さんの作品。
ちょっと前に盛岡に出張の仕事があった帰りに駅の本屋で平積みになっている「死神の精度」を手に取ったのが始まり。本は好きなんだけど、実は所謂ミステリーのジャンルは好きじゃなくて、基本的には読まないんです。でも本屋大賞を受賞したというそのキャプションに惹かれて読んだら、謎解きがメインのミステリーとは違ってちょっと情感溢れるその表現と、物語に登場する主人公達へのその愛情溢れるキャラクター設定にすっかり引きずりこまれて止まらなくなった。
これはデビュー作だそうです。
荻島という日本が開国した時期に逆に鎖国した島にどういうわけか連れてこられた伊藤という主人公の目を通して、その島で淡々と起きていく事件が点となり線でつながっていく。
でも、謎解きがメインじゃありません。
起きていく事件に対峙するたびに浮かぶ憶測や思いは、愛情と憎悪。日常と非日常。信ずべきものと信じていないもの。現実と夢。事実と偽り。
全てそれを思う人のフィルターを通して残っていく。
そして鎖国した当時から語り継がれていく「この島に足りないものがあるという」謎解きが明らかになっていくクライマックス。
その、「島に足りないもの」が大好きで大切なものだと思っている自分は、この作品が愛しくてたまらなくなる。
また好きなシーンで言えば、安田と日比野と伊藤が出会って罵り合う場面。
ネタばれになっちゃうからこれ以上書かないけど、シチュエーション云々じゃなくて、伊藤の口から発せられるその言葉の意味を思うんだよ。

そうそう。
別の本だけど「アヒルと鴨のコインロッカー」も凄く素敵な作品でした。
ボブ・ディランの「風に吹かれて」が優しく流れていくように、
静かに。
傷ついた人たちが止まった時間を読者と共に少しずつ前に進めていく物語です。

読んでみて欲しいな。
そう思う。
何本かは映画になっていたりして、既に有名な人だけど、
人に勧められる作家さんの作品達です。
  1. 2008/08/02(土) 23:51:35|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きるススメ

この間のエントリでも書いたんだけど、
戸田誠二さんにはまってます。
ほとんどウェブに出ているんで、改めて買う必要はないのかも知れないけれど。
「リニューアル」、「わるい子」、「小さな死」なんかが好きです。
ご一読あれ。
生きるススメ

  1. 2007/08/19(日) 21:41:19|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレキネシス 003

スピリッツで月1連載なのかな?
連載は読まずに単行本で読んでるんだけど、単行本発刊がかなり間が空くんでもうちょっと早く読みたいなぁと思う。
一話毎にテーマとなる映画があって、それに沿ったストーリーを組み立ててる。斜めに読めば御伽噺的なんだけど、丁寧な絵柄ともあいまって好きな漫画の一つ。
これ読むとテーマの映画が観たくなるんだよね。
テレキネシス003

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2007/01/05(金) 23:47:33|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「世界の中心で愛を叫ぶ」片山恭一 

世界の中心で愛を叫ぶ 文庫

文庫本になった機会に今更ながらに読んだ。
割とサラッと読めちゃったんだけど、映画の内容とほぼ変らないイメージで読めた。こういうのって結構珍しいんじゃない?
それでも、とても秀逸な小説だと思う。
なんかとても切ない感じがいい。
誰だって幼い子供から青年になっていく一瞬のか細い感情の塊みたいな時に、どうしようも無く好きになっちゃう相手が出来るはずだ。
そのやり場のない感情の妙をを233頁の物語で、繊細に、暖かく表現していると思う。
小説が表現手段として人に何かを与えられるのであれば、それは知識や感動だけでなく、自身に重ね合わせて思い描く事が出来る、一瞬で消えてしまいそうな淡い思いの様なものもあるのかも知れないと思った。

それと、なんか先に映画を見てるから、読んでると主人公の朔太郎と亜紀のイメージが森山未來君と長澤まさみちゃんの顔で浮かんでくる(笑
でも、とても良いイメージで浮かんでくるのは、2人が本当に好演していたっていう事だよね。(映画の時の記事はこちら

当時最初のタイトルは現在のタイトルとは違ったというような事を耳にしたが、このタイトルもいいです。読み進めていくうちに、このタイトルの元になったのだろうと思う1文があった。それはたったの13文字だったけど、しっかりと主人公の思い伝えるべく、存在していた。
それと、個人的にいいなぁと思った一節はここの部分。

※以下ちょっとネタばれです。


[「世界の中心で愛を叫ぶ」片山恭一 ]の続きを読む
  1. 2006/09/21(木) 23:41:48|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『いけちゃんとぼく』

いけちゃんのかおがめちゃめちゃゆたかですきです。

このひとはなんでこんなにひとのこころのいちばんあたたかくてせつないところをくすぐるんだろうとおもう。

いけちゃんとぼく



読んでみませんか。
西原理恵子に聞く「だいじょうぶな味」
「いけちゃんとぼく」

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/09/07(木) 23:14:59|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『悪者見参』木村 元彦

『オシムの言葉』の作者からの流れで読んだ。

旧ユーゴと言えば真っ先に思いつくのはグランパスで活躍した”妖精”ストイコビッチ。表紙に採用されているのはそのPIXYが「NATOは空爆をやめろ」というメッセージを書いたシャツを着ている場面。

"NATO STOP STRIKES"

この本を読んで、自分を恥じた。
俺は何も知らなかった事を知った。
いや違う。俺は何も知ろうとしなかったんだ。

作者はストイコビッチのプレーに魅せられ、旧ユーゴのサッカーに魅せられる。時は折りしも旧ユーゴ解体の真っ只中。イタリアW杯でベスト8に輝いた青き勇者”プラーヴィ”達は、ミロシェビッチの民族主義に翻弄され、アメリカに主導されるNATOに翻弄され、国際社会から悪者とされる。ユーゴ包囲網。確かに民族主義を声高に叫び、それまで他民族が上手く融和していたコスモポリタンな国家の解体の序章を作ったのはミロシェビッチかもしれない。でも、世界中から悪者とされたセルビア人は本当に悪者だったのか?作者の視点はそこから始まる。

クロアチアの独立を旧西側諸国が認め始めたところから、セルビア人を中心とした旧ユーゴ連邦軍は民族の独立を阻止する悪者とされる。国際社会はクロアチアを始めとする民族蜂起を正としそれを阻止しようとする旧ユーゴスラビアに経済制裁をしかけNATOによる空爆を仕掛ける。
でも、その犠牲者になっていくのはただ日常を過していただけなのに悪者のレッテルを貼られていく市民たち。経済制裁、空爆によってクロアチアの子供が保護されているのになんの罪も無いセルビア人の子供達が何故世界から無視され死んでいかなければならないのか。いつだって人々の争いの矛先はは一番弱い所からはじまって行くんだ。

作者は一見セルビア側に立ちながらも視点は一貫している。
現地に行き、そこで見てきたもの聞いてきたものを当たり前だが信じている。

『絶対的な悪者は生まれない。絶対的な悪者は作られるのだ』

ユーロ2000の予選最終戦。
世界に悪者にされ、いわれの無い不利に見舞われてきた”プラーヴィ”達は予選最終戦の舞台に立つ。勝てば予選突破。負ければ予選敗退。
マクシミル決戦。
敵地クロアチアに立つプラーヴィ達は罵声と罵倒、そして憎悪渦巻くピッチに立つ。
著者は小さく呟く。
「シニシャ、頑張れ」
著者の熱を帯びた文章に触発され、思わず自分も同じ思いのなか呟く。
…「シニシャ、頑張れ」と。

コソボ情勢なんてTVをつけていれば日常の中にただ流れていく言葉としての認識しかなかった。完全に他国の事として自分の思考回路から排除していたからだろう。ストイコビッチの言葉でさえ、当時の自分がなんとも思っていなかった事なんだと改めて気付く。
恥じ入るべき自分の無関心。

政治とサッカーは関係ないというストイコビッチは言う。
「あのメッセージは政治とは関係ない」と。
NATO落とす爆撃は子供さえもこの世から消し去るものであったんだ。
悪者見参

  1. 2006/05/17(水) 23:24:18|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『ニナライカ』

ふらふらと平日の出先の書店で物色中に発見&購入。
最初に読んだのは10年くらい前だったかなぁ?
確かスピリッツの増刊で読んだはず。
祖父の形見のライカで写真を撮る女の子の物語。
最近はどうか知らないけど、読んだ当時はhiromixとかが大分取り上げられている頃だったように思う。実は作画が秋重学だとは始めて知った。嫌いな画風じゃ無いんですが、ストーリーとあわせて青春の影みたいな物をを個人的にはもうちょっと深く描いて欲しかったなぁ。でも、青春群像としては拙いながらもほとばしる若さみたいなものが溢れていて良い作品だと思います。

ニナライカ

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2006/04/22(土) 00:27:15|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

「アンダーグラウンド」村上春樹

村上春樹は高校生の頃から読んでいて、「1973年のピンボール」から、
「ノルウェイの森」、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」とか、
「回転木馬のデッドヒート」までいろいろと読んでた。
だいぶ前にこの本を書店で見た時、「へぇ、こんなノンフィクションも書くんだ」
と驚きながら手に取ったんだけど、ハードカバーの重さと価格に結局買わずにいた。
でも、この間、文庫で出ているのを見かけて購入。

もう、結構前になってしまったけど、あの地下鉄の事件の被害者さんへのインタビューの本。
…いや、単純にインタビュー集というには少々重すぎる。
あの事件に遭った人たちにはそれぞれ、
当然だけれども、その人なりの生活があり、
あの日、偶然とはいえ、それぞれの生活を一転して変えさせられてしまった。

著者はかなり硬質な文章を書く人であるが、この本にその文体が生きていると思う。
長い本ですが、かなりのペースで読み終えてしまった。

もし、手に取ってみる機会を得たならば、
一読をおすすめします。
「アンダーグラウンド」村上春樹

  1. 2006/03/09(木) 23:31:56|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「オシムの言葉」 フィールドの向こうに人生が見える

非常に感動しました。

万年入替戦を戦っていたチームがオシムが就任してから優勝を争うチームに生まれ変わる。
そして、2005年のナビスコカップでの初優勝。
とにかく、選手に厳しい練習を課し、有無を言わせない。
でも、そんな練習を重ねるにつれチームは『勝利』を得て自信を深めてゆく。。。
『オシムの言葉』

[「オシムの言葉」 フィールドの向こうに人生が見える]の続きを読む
  1. 2006/02/14(火) 22:38:58|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歌舞伎町案内人

最近この人の書いてる本にどっぷりはまり込んで読んでる。
著者は新宿の歌舞伎町で東洋系の観光客に飲み屋とか風俗とかを案内してる中国人。
日本で1番栄えてる、底なしの闇と光をもつ歓楽街の「案内人」

所謂、アンダーグラウンドのノンフィクションなんだけど、
語り部としても飽きさせない文章で、すっかりハマってます。
ONLINE歌舞伎町案内人
歌舞伎町案内人

  1. 2006/02/07(火) 22:56:24|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

探偵ファイル

こないだ、本社に出張に行ってきて会議に出てきたんですが、
帰ってきてから先輩に「どうだった?」と聞かれたんで、
「そうですね。行き帰りの車中で読んだ探偵ファイルの本が面白かったです」と言ったら笑ってました(笑

超有名サイトなんで皆さん知っていると思うのですが、自分も好きで良く見てます。
特にはまったのは優子ちゃんの件。
事件は何も終わっていないと思うし、当事者(加害者)がのうのうと日常を過ごしていると思うと何が倫理で何が正義なのかサッパリ分からなくなります。。。
読むと今でも憤り覚える。

本は本当に凄く面白かったです。
サイトはこちら
ちなみにえりすのファン(爆
探偵ファイル

  1. 2006/01/18(水) 23:30:08|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレキネシス

「テレキネシス」作/東周斎雅楽 画/芳崎せいむ

ここ最近のお気に入り。
映画にまつわるエピソード仕立てのストーリー。
なんつうか、ほのかに心あたたまる物語です。

これ以前の「金魚屋古書出納帳」も読んだんだけど、
こちらは題材が漫画になっている。
といっても、古書に近い物が取り上げられているんで、
ちょっと親近感がわかない(苦笑
正直読んだ事が無い物ばっかり。
でも、「タッチ」があったりして、それは凄く面白く読ませて貰った。
なかでも手塚先生や水木先生への思いも見える
最後の章の「漫画の神様」は秀逸です。
最後の最後で泣かされちゃう。

繊細な絵柄とストーリーは非常に自分の好みなんだけど、
モーニングで「OPEN MIND」を書いてた人だとは初めて知った。
そういえば、ほのかに漂う暖かさはこの作者ならではかもしれない。

テレキネシス

  1. 2005/12/20(火) 22:36:51|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

カイ-kye-

Author:カイ-kye-
small stepでも。

carpでsurfでJEFなオイラ

このブログについて
前略プロフ

FC2カウンター

WIN BY ALL!

win by all!!!!! 2010スローガンJEF

we're gonna win! 2010

were gonna win!

フリーエリア

クリック募金
inugenome
surfrider
鳥頭の城
jef link
jef link

フリーエリア

最近のコメント

カープニュース!

powered by プロ野球Freak

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

blog people

CARPぴーぷる

最新の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。