be like water second -2-

広島carpでsurfでJEFなlife

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「世界の中心で愛を叫ぶ」片山恭一 

世界の中心で愛を叫ぶ 文庫

文庫本になった機会に今更ながらに読んだ。
割とサラッと読めちゃったんだけど、映画の内容とほぼ変らないイメージで読めた。こういうのって結構珍しいんじゃない?
それでも、とても秀逸な小説だと思う。
なんかとても切ない感じがいい。
誰だって幼い子供から青年になっていく一瞬のか細い感情の塊みたいな時に、どうしようも無く好きになっちゃう相手が出来るはずだ。
そのやり場のない感情の妙をを233頁の物語で、繊細に、暖かく表現していると思う。
小説が表現手段として人に何かを与えられるのであれば、それは知識や感動だけでなく、自身に重ね合わせて思い描く事が出来る、一瞬で消えてしまいそうな淡い思いの様なものもあるのかも知れないと思った。

それと、なんか先に映画を見てるから、読んでると主人公の朔太郎と亜紀のイメージが森山未來君と長澤まさみちゃんの顔で浮かんでくる(笑
でも、とても良いイメージで浮かんでくるのは、2人が本当に好演していたっていう事だよね。(映画の時の記事はこちら

当時最初のタイトルは現在のタイトルとは違ったというような事を耳にしたが、このタイトルもいいです。読み進めていくうちに、このタイトルの元になったのだろうと思う1文があった。それはたったの13文字だったけど、しっかりと主人公の思い伝えるべく、存在していた。
それと、個人的にいいなぁと思った一節はここの部分。

※以下ちょっとネタばれです。





「…誰かに遠慮するみたいに、小さく名前を呼んでみた。
ぼくの唇は世界中の誰よりも、彼女の名前を呼ぶのに相応しい形になっている。」

  1. 2006/09/21(木) 23:41:48|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<対横浜19回戦○ | ホーム | 対讀賣20回戦●>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kye1.blog60.fc2.com/tb.php/1051-5643e809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カイ-kye-

Author:カイ-kye-
small stepでも。

carpでsurfでJEFなオイラ

このブログについて
前略プロフ

FC2カウンター

WIN BY ALL!

win by all!!!!! 2010スローガンJEF

we're gonna win! 2010

were gonna win!

フリーエリア

クリック募金
inugenome
surfrider
鳥頭の城
jef link
jef link

フリーエリア

最近のコメント

カープニュース!

powered by プロ野球Freak

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

blog people

CARPぴーぷる

最新の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。