be like water second -2-

広島carpでsurfでJEFなlife

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

11月11日の波乗り

押忍。
先週末の波乗りです。
先週は日曜日のみ。
てか、土曜日起きたら11時っていうダメさ加減。ああ、なんか平日の疲れがどっと出たのかも。休日に海に行くのはほぼ日課みたいなものではあるんだけど、さすがに時間的余裕が無くなったのと、寒空に降り注ぐ大雨に気持ちもやられて休んでしまった。んで車内に取り付け途中だったカーテンなんかを設置しつつ土曜日は終了。
でも日曜日はしっかり起きて一路海へ車を走らせる。
いつもの通りにホームをチェックしたんだけど、あいにくクローズ間近のコンディションで、出れない事は無いかも知れないけど一人で入水するにはちょっとリスクが大きな感じ。折からの北東風の影響もあったんで、しばし風を交わすポイント選びで北上するか南下するか迷いつつ、携帯で波情報をチェック。果たして南下するポイントはこういった類のコンディション時のお約束で大混雑中。結局わざわざ混んでいるところに行ってもテンションを下げるだけなんじゃないかって事で北上する事に。
車を走らせながら途中のポイントもチェックしたんだけど、あいにくクローズに近いのは変わらないようで、目的のIOKにて入水。
サイズは胸~肩。一見かなりの波数でこりゃアウトに出るのもかったるそうだなぁなんて思いつつ(エントリsundayの左の真ん中の写真を参照)、カレントを探して浜辺を歩いて良さそうなところでゲット。まぁ、思ったほどゲットがきつくはなく少々のパドルの後にアウトへ。
人はやっぱりそこそこ多くてラインナップは一列につながってはいたけど、なるべく人の少ない所を選んでポジショニング。ちょっと割れ辛いトロ目の波だったけど久々にいい感じで過ごしましたです、ええ♪
なんか、これくらいのサイズになると波乗りしてるなぁって実感が湧く。
海はちょっと茶色だけど(笑)、水温もさほど冷たくなく快適に過ごせた。
あー、いっつもこんなコンディションだと嬉しいなぁ。
出来ればもうちょっと掘れてるとGOOD。
しかし、ライディングに関してはちょっと考える所あり。
トロいがフェイスの出ている波だったんだけど、どうしてもいつもの癖で先へ先への意識が強く、上手くパワーゾーンを捉えているのだろうかと疑問。つまりは掘れてこないだけにただ横へ行っただけのライディングになってしまっていた感じ。こういった時はもうちょっとボトムに降りて切り立ってくるのを待つべきなのかも知れない。波のクリティカルポイントをしっかり意識して横というよりは縦への意識を持った方がいいんじゃないかなと。
ビデオ撮影が出来れば確認出来るんだけどなぁ。
この辺は波の見極めでもあるんだろうけど、もうちょっとそういった所を意識するようにしようと思う。
以上、日曜日の波乗り。
何事も努力です。
押忍。

テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

  1. 2007/11/14(水) 01:17:02|
  2. 波乗り日記【2007】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オシム! | ホーム | ASP JAPAN WEB SITE>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kye1.blog60.fc2.com/tb.php/1524-6abda3b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カイ-kye-

Author:カイ-kye-
small stepでも。

carpでsurfでJEFなオイラ

このブログについて
前略プロフ

FC2カウンター

WIN BY ALL!

win by all!!!!! 2010スローガンJEF

we're gonna win! 2010

were gonna win!

フリーエリア

クリック募金
inugenome
surfrider
鳥頭の城
jef link
jef link

フリーエリア

最近のコメント

カープニュース!

powered by プロ野球Freak

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

blog people

CARPぴーぷる

最新の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。