be like water second -2-

広島carpでsurfでJEFなlife

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ELEVEN FIRE CRACKERS

えーと、週末は海に行ったり、ジェフのホーム開幕に行ったり、カープはオープン戦でここ最近無かった快進撃で首位だし、マリンじゃジョニーの引退セレモニーがあったりで、かなり濃い週末。
エントリに書きたい事ばっかりなんだけど、今日は全然別の事を。

ここ数年ellegardenと言うバンドが大好きでよく海に行く車の中で聞いてる。
今の日本の音楽シーンでインディーズ(!)ながら、アルバムのヒットチャートの1位を取るくらいだから、知ってる人は多いとは思う。
しかし、ちょっと前までは当然ながらマイナーなバンドであって、こうなるには前作の「RIOT ON THE GRILL」が大ヒットして、その勢いが彼らを急にメインストリームに押し上げたような所がある。でもなんでこのバンドが人気が出たかと言えば、所謂メロコアとカテゴライズされるようなキャッチャーなメロディラインが彼らの持ち味であったからだと個人的には分析するんだけど、よく聞いてみると、キャッチャーなメロディラインは、しっかりとした骨格をもった楽曲に支えられている事が分かる。
同じようなメロディラインをもっていて、キャッチャーだと称されるバンドも聴いたんだけど、支える楽曲の骨組みがボロボロで、メロディが上滑りしまくっていて結局エルレとは比べ物にならない事に気づく。
そう、物が違うんだよなぁ。
で、その彼らを急にメインストリームに押し上げた前作は上滑りしないキャッチャーなメロディに支えられていて、傑作だと思う。

さて。
期待された次の新作が「ELEVEN FIRE CRACKERS」とうアルバムになるんだけど、これが素晴らしく良い。急に人気が出て、浮き足立ちそうなところで彼らのとった新作のアルバムの方向性はまさに原点に立ち返ることであったと感じられる。
持ち味のキャッチャーなメロディラインとは裏腹に、骨太の楽曲をそのままぶつけて来たという感じ。
エルレの持ち味の更なる熟成は、しっかりと自分達の足元を見つめる事だったんだと、今更ながらに脱帽した。
エルレと言うバンドが、ただ時代に流される音楽をやろうとしているのではないよという事が凄く感じられた。
普通、こうは行かないと思う。急な人気に足元を見失って崩れて言ったバンドは数限りなくある。
でもエルレは、しっかり足元が見えているんですよ。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

  1. 2008/03/16(日) 22:19:39|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【UNITED!】JEF1-2清水エスパルス | ホーム | 3月9日の波乗り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kye1.blog60.fc2.com/tb.php/1602-18b3e449
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カイ-kye-

Author:カイ-kye-
small stepでも。

carpでsurfでJEFなオイラ

このブログについて
前略プロフ

FC2カウンター

WIN BY ALL!

win by all!!!!! 2010スローガンJEF

we're gonna win! 2010

were gonna win!

フリーエリア

クリック募金
inugenome
surfrider
鳥頭の城
jef link
jef link

フリーエリア

最近のコメント

カープニュース!

powered by プロ野球Freak

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

blog people

CARPぴーぷる

最新の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

admin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。