FC2ブログ

be like water second -2-

広島carpでsurfでJEFなlife

『悪者見参』木村 元彦

『オシムの言葉』の作者からの流れで読んだ。

旧ユーゴと言えば真っ先に思いつくのはグランパスで活躍した”妖精”ストイコビッチ。表紙に採用されているのはそのPIXYが「NATOは空爆をやめろ」というメッセージを書いたシャツを着ている場面。

"NATO STOP STRIKES"

この本を読んで、自分を恥じた。
俺は何も知らなかった事を知った。
いや違う。俺は何も知ろうとしなかったんだ。

作者はストイコビッチのプレーに魅せられ、旧ユーゴのサッカーに魅せられる。時は折りしも旧ユーゴ解体の真っ只中。イタリアW杯でベスト8に輝いた青き勇者”プラーヴィ”達は、ミロシェビッチの民族主義に翻弄され、アメリカに主導されるNATOに翻弄され、国際社会から悪者とされる。ユーゴ包囲網。確かに民族主義を声高に叫び、それまで他民族が上手く融和していたコスモポリタンな国家の解体の序章を作ったのはミロシェビッチかもしれない。でも、世界中から悪者とされたセルビア人は本当に悪者だったのか?作者の視点はそこから始まる。

クロアチアの独立を旧西側諸国が認め始めたところから、セルビア人を中心とした旧ユーゴ連邦軍は民族の独立を阻止する悪者とされる。国際社会はクロアチアを始めとする民族蜂起を正としそれを阻止しようとする旧ユーゴスラビアに経済制裁をしかけNATOによる空爆を仕掛ける。
でも、その犠牲者になっていくのはただ日常を過していただけなのに悪者のレッテルを貼られていく市民たち。経済制裁、空爆によってクロアチアの子供が保護されているのになんの罪も無いセルビア人の子供達が何故世界から無視され死んでいかなければならないのか。いつだって人々の争いの矛先はは一番弱い所からはじまって行くんだ。

作者は一見セルビア側に立ちながらも視点は一貫している。
現地に行き、そこで見てきたもの聞いてきたものを当たり前だが信じている。

『絶対的な悪者は生まれない。絶対的な悪者は作られるのだ』

ユーロ2000の予選最終戦。
世界に悪者にされ、いわれの無い不利に見舞われてきた”プラーヴィ”達は予選最終戦の舞台に立つ。勝てば予選突破。負ければ予選敗退。
マクシミル決戦。
敵地クロアチアに立つプラーヴィ達は罵声と罵倒、そして憎悪渦巻くピッチに立つ。
著者は小さく呟く。
「シニシャ、頑張れ」
著者の熱を帯びた文章に触発され、思わず自分も同じ思いのなか呟く。
…「シニシャ、頑張れ」と。

コソボ情勢なんてTVをつけていれば日常の中にただ流れていく言葉としての認識しかなかった。完全に他国の事として自分の思考回路から排除していたからだろう。ストイコビッチの言葉でさえ、当時の自分がなんとも思っていなかった事なんだと改めて気付く。
恥じ入るべき自分の無関心。

政治とサッカーは関係ないというストイコビッチは言う。
「あのメッセージは政治とは関係ない」と。
NATO落とす爆撃は子供さえもこの世から消し去るものであったんだ。
悪者見参

  1. 2006/05/17(水) 23:24:18|
  2. 漫画・本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<対ライオンズ2回戦○、対ファイタース1回戦● | ホーム | 代表選出 from Osim>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kye1.blog60.fc2.com/tb.php/877-1886ffd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カイ-kye-

Author:カイ-kye-
small stepでも。

carpでsurfでJEFなオイラ

このブログについて
前略プロフ

FC2カウンター

WIN BY ALL!

win by all!!!!! 2010スローガンJEF

we're gonna win! 2010

were gonna win!

フリーエリア

クリック募金
inugenome
surfrider
鳥頭の城
jef link
jef link

フリーエリア

最近のコメント

カープニュース!

powered by プロ野球Freak

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

blog people

CARPぴーぷる

最新の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

admin